美容院のヘアカラーとヘアマニキュアってどう違うの?


ヘアカラーとヘアマニキュア、どちらも髪を染める方法ですが、この2つはどう違うのか、どういう場合にどちらのほうがいいのか、知っていますか?今回はこの2つの違いとそれぞれのメリット、デメリットについてご紹介します。

ヘアカラー

まずはヘアカラーの特徴について。ヘアカラーとは、もともとの髪の色を抜き、髪の表面だけでなく内側にも色を浸透させる染め方です。ですから明るい色に染めたいときはほとんどがヘアカラーになりますね。

しっかりと色をつけたいときはヘアカラーにすることをおすすめします。しかしヘアカラーでは色が長持ちする分、髪へのダメージも大きくなります。

男性目線を釘付けにする【2017夏】モテ愛され♡【【ロングヘア】の【ヘアカタログ】

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアはヘアカラーに比べあまり知られていない染め方ですが、これは手や足のマニキュアと同じように髪の外側のみに色素を定着させ髪をコーティングするようなイメージの染め方です。ヘアカラーと違って手軽なので、気軽に染めたいときにはこちらをおすすめします。

これは地毛を脱色するものではないので、例えば黒髪に使うとほんのりと色づく程度であまり目立ちません。そもそも髪の表面層であるキューティクルが傷んだときに髪を保護する目的で使われたものなので髪に優しく、頭皮にもダメージが少ないのが特徴です。
ダメージが少ないカラーをするなら二子玉川の美容院 BATEL ~バトー~